BIRDWELL – バードウェル

birdwell

Birdwell Beach Britches バードウェル ビーチ ブリッチズ。通称バードウェル。1961年の創業以来、今も変わらずカリフォルニア州サンタアナでサーフトランクスやジャケット、 トートバッグなどを作り続ける老舗ブランド。バードウェル歴30年、40年というベテランの職人によってハンドメイドで生産されるアイテムは今もなお 昔と変わらないスタイルを貫き、アメリカはもちろん、ここ日本でも古くからサーファーの心を離しません。当店も正規取扱店として日本にバードウェルを紹介するお手伝いが出来ればと思っております。

History of BIRDWELL BEACH BRITCHES

1961年、南カリフォルニアで「キャリー・バードウェル・マン」さんが、彼女の家をアトリエ兼店舗に改造したのが、Birdwell Beach Britchesの始まりです。 キャリーさんが夫、息子達と一緒に開いた 「BIRDWELL CLOTHES」の最初のお客様は、ニューポートビーチのライフガード達でした。 それからというもの、穿きやすく頑丈なバードウェルのショーツは、徐々にサーファー達のファンを増やしていくことになります。 そして50年経つ今も変わらず、ハンドメイドにより昔ながらの拘りのボードショーツを作り続けています。 いまでは、世界中にファンを持つBirdwell Beach Britches。彼らは言います。 一度でも使用していただければ必ず我々の 『QUALITY is our GIMMICK』を肌で感じとることができるでしょう。 そしてあなたは、また新たにBirdwell Beach Britchesを手に入れることになるでしよう、と。

birdwell birdwell birdwell

from MOAT

birdwell

バードウェル。アメリカに影響を強く受けた世代のベテランサーファーはもちろん、若者でもクラシックスタイルのサーフィンが好きな方や、 サーファーでなくともアメカジが好きな方ならご存知のブランドであろう。 1961年に創業されてから今も当時と変わらないスタイルでモノ作りを続け、ブランドが続いているということは凄いことだと思う。 時代の流れに合わせて売れ筋の商品を作るわけでなく、ひたすら同じスタイルのボードショーツやトートバッグを作り続けているという 職人気質なところは本当に素敵である。 60年代、徐々にサーファーのファンを増やしていくことになるが、決して派手な広告をうつわけでなく 「Quality is our Gimmick」というキャッチコピー通り、品質で勝負してきたという背景もまた素晴らしい。 左の画像は1966年12月号のSURFER Magazineに当時掲載されてた広告である。 しかしここまで同じ「モノ作り」を続けているブランドってどれくらいあるだろうか。時代と共にデザインが変わったり、生産国が変わったり。 ブランドによっては、○○年代の○○が良かった、今の製品はちょっと・・・なんて話しを聞くことがあるが バードウェルに関してはそれがない。当時も今も同じだから。 しかも、よく考えてみれば「スポーツウェア」である。 スポーツウェアの素材なんて、50年前とは比べ物にならないほど進化しているし、 最新のボードショーツにはパターンも同様、動きやすいように、快適なように、と工夫がたくさん盛り込まれている。 機能性を比べれば最新のボードショーツには劣るだろうが、それでも海や街でバードウェル愛用者をしばしば見かける。 最新のボードショーツではなく、こちらを選んでいるわけである。それだけの魅力があるといういうことであろう。 パターンも素材も当時とそれほど変わっていないことを考えれば、当時から完成されたデザインだったのであろうな、と感心してしまう。 また、使用されている「サーフニール」とよばれるナイロン素材は速乾性があり、機能面においても申し分ないが、 何より発色が良く、カラーバリエーションも豊富なため、サーフボードとのコーディネートを楽しめる点も大きなポイント。 そして、さらにマニアックな見方をするなら、 新品のキレイな状態も良いが、日に焼け、退色するまで使い込まれたバードウェルのボードショーツは何とも言えない格好良さがある! そこまで使い込まれたモノはもう手放すことが出来ないほど愛着が湧くし、その人のスタイルの一部となる。とにかく魅力的なボードショーツです。 ただ、ボードショーツとはいえ、海で使うだけでは勿体ない。カラーバリエーションを活かして、シンプルにTシャツと合わせても サマになる素晴らしいショーツなので街でもガンガン穿いて欲しい。Surf&Tailor MOATの夏のスタイルには決して外すことの出来ない定番アイテムです。 バードウェルファンの方は限定アイテムなども楽しみにしておいてくださいね。 最後にBIRDWELL社のみなさん貴重な写真をたくさん提供いただき感謝します。ありがとう。

→ ONLINE STORE