INVERTERE – インバーティア

invertere

最高峰のダッフルコートと言っても過言ではない、インバーティアのダッフルコート。 洋服に「一生モノ」という言葉を使うと大袈裟に聞こえるかも知れないけれど、 それくらいのクオリティを誇るダッフルコートなのです。よく考えてみて下さい、ダッフルコートって、子供から老人まで着用できる唯一のコートだと思いませんか?なんとも不思議な魅力を持つ洋服ですよね。 でも実は私の眼にはダッフルコートがとても子供っぽく映っていた頃もありました。 しかし年齢を重ねるなかで、ホンモノのダッフルコートというものは年齢を重ねれば重ねるほど格好良く着られるようになるのではないかと思うようになりました。 40代よりも50台代、50代よりも60代。どんどん格好良く着られるようになるでしょう。ホンモノはいつまで経ってもホンモノです。出来れば息子の代まで・・そんな気持ちにさせてくれる本当に素晴らしい洋服なのです。

Hystory of Invertere

1904年、Harold Parkin氏とその兄弟によってコート作りをスタートし、 イギリス・ニュートンアボットの中心部で創業した老舗コートブランドです。 彼らは世界で初めてリバーシブルコートを開発し、富裕層に向けて販売していました。 1900年当時リバーシブルコートは非常に革新的な技術で、 その生産の技術特許を幾つも保有し、今なお The Invertere Buildings に保管しています。 ちなみに「Invertere」という名はラテン語で「ぐるりと向きを変える」という意味で、 リバーシブルコートの事を表しています。 1980年代頃より市場で見かけなくなっていましたが、 2013年の秋冬に復刻。ふたたび我々の前に姿を現しました。

INVERTERE インバーティア の魅力とは

1904年に誕生したインバーティア。「反対にする、逆にする」というラテン語がそのままブランド名になっているというのはおもしろいですね。 さて、第二次世界大戦以降人気の高まったダッフルコート。 後に、高品質なコートを売りにしていたインバーティアからもダッフルコートが発売されることになります。 その時に採用した生地がインバーティアのダッフルの一番の特徴ともいえる最高品質の生地でした。 その生地というのがこの Joshua Ellis「ジョシュアエリス」の生地です(グレンアイラという名で発売されていたこともあります)。 ジョシュアエリスは200年以上にわたり「世界一高級で高品質な素材を最高級の天然繊維で織り上げる」 という哲学のもとに本物の素材のみを供給し続ける英国の老舗ブランドです。 この生地は手間がかかり生産効率の悪い生地ですが、他では再現出来ない最高級の質感を持ち、 世界の名だたるブランドのダッフルコートにも採用されていたスぺシャルなへリンボーン生地です。 まず一目でわかるヘリンボーンの生地目の美しさ。そして肉厚だけど非常に軽くてとても暖かい、 そんな素晴らしい生地。見た目にも袖を通した瞬間にも最高を感じることが出来るダッフルコートと言えます。 インバーティアのダッフルコートを手に入れるならば、Mallalieus「マラリゥス」の生地を採用しているセカンドグレード(と言っても十分に高級品ではありますが・・)ではなく、 200%この「ジョシュアエリス」をおすすめいたします。 最高の生地や細すぎず適度にゆとりのあるボディ、長く愛用いただくのに必要な条件は揃っています。 長く付き合えるホンモノのアウターを求める方に自信を持ってオススメ出来る一着です。

COLOR LINE UP 2016AW

2016 FALL-WINTER シーズン、Surf & Tailor MOAT では下記7色を展開いたします。

Burnt Orange
Powder Blue
Camel
Charcoal Grey
Vicuna
White
Navy

STYLE SAMPLE

– SURF STYLE –
color:CAMEL
– TOWN STYLE –
color:VICUNA
– TOWN STYLE –
color:CAMEL
– TOWN STYLE –
color:NAVY
– CASUAL STYLE –
color:CAMEL