RAINBOW SANDALS – レインボーサンダル

履いたものを皆、虜にしてしまうレインボーサンダルの魅力とは・・・このページをご覧いただくとその答えが少しはわかるかも知れません。 Rainbow Sandals(レインボーサンダル)は1975年創業のカリフォルニア州サンクレメンテのサンダルメーカー。40年以上もレザーのビーチサンダル作りを続けている老舗メーカーなのです。サーファーであり創業者のJ.R.Longley氏がビーチに捨てられたサンダルを見つけて、”丈夫で長持ちするサンダルがあればビーチが汚れないのでは”と思い立った事がブランドの始まり。鼻緒部分は特許を取得している特殊な製法でつくられており、非常に頑丈な作りが特徴でゆうに10年は着用出来る驚きのサンダルなのです。

History of Rainbow Sandals

ストーリーは70年代当時まで遡ります。サーファー兼バックパッカーでもあった J.R.Longley氏が世界中の海を旅して見たのは、あまりに多くのサーファーが海に壊れたサンダルを捨てている事だった。自然回帰が叫ばれていた当時、あまりに壊れやすいビーチサンダルは環境汚染を招くと考え、壊れないビーチサンダルを作ろうとしたことがレインボーサンダル誕生のきっかけとなった。Rainbow Sandalsのプロダクツ、所詮ビーチサンダルと侮ることなかれ愛用いただいている方はご存知かと思われますが 、本当にタフ!ステッチングにはミリタリースペックも通っているパラシュートステッチを採用しておりこれは2000ポンドの加重にも耐えられるという。


この特別仕様で、とても頑丈に出来ており鼻緒が切れてしまう等のトラブルが起こることはほとんどありません。通常使用で壊れてしまうことはまずないでしょう。創業者のモノ作りに対するポリシーは今でもしっかり受け継がれているのです。Surf&Tailor MOATで取り扱うモデルはクッション性抜群のダブルレイヤー。シングルレイヤーに比べ、ソールが厚く長時間の使用でも快適な履き心地をお約束します。メンズ、レディースともに取扱いがございます。

from Surf&Tailor MOAT

1970年代にカリフォルニアで生まれ、当時からサーファーに愛され続けて40年。カリフォルニアの空気感たっぷりのサンダル。私にとってはそれだけでも十分に魅力的だ。サーフ、スケートなどカリフォルニアのカルチャーを好む人にとっては定番の「Vans」というスニーカーがあるがこのRainbow Sandalsもまた西海岸を意識した夏のスタイルには必須のアイテムといえる。サーフな香りのするプリントTを着るならば、その足もとにこのサンダルを履けば間違いない。また、カリフォルニアセレブよろしく、上品なスタイルのハズシとして使うのも良いかも知れない。西海岸スタイルの雰囲気作りの強い味方になってくれる素晴らしいサンダルなのだ。

しかも、それだけではない。Rainbow Sandalsの本当の素晴らしさは履いてから、いや、履き込んでからはじめてわかるものだ。創業者の「壊れないビーチサンダルをつくろう」というポリシーは今もなお受け継がれ「何年履いても壊れないサンダル」として世界中で認められている。さらに、ただ壊れないだけではない。履けば履くほど足に馴染むレザーの感覚が抜群に気持ち良いのだ。数年間履き込んだそれは自分の足の裏に沿い、革には経年変化が起こり、まさに自分だけの一足が出来上がる。履き始めからダブルレイヤーモデルならではの抜群のクッション性が気持ち良いが、履き込んで第二の皮膚のように育った「自分だけのレインボーサンダル」がやはり一番良い。↑に掲載しているエイジングサンプルのブラックは私の私物で8年間使っているものですがまだまだ現役。これからも色々なところに連れていってもらいます新品を履き始める際には靴擦れによって、痛い思いをする人も多いが気長に慣らしていってほしいと思う。来年には流行が終わり、 履けなくなってしまうような、そんなサンダルではなく5年10年と長い付き合いになるものだから。

いかがでしょうか?レインボーサンダルの魅力が”少し”は伝わりましたか?文頭でも”少し”と申し上げました。というのは実際に履いていただいて初めてその魅力を実感してもらえるものだと思っているからです。履いたものが皆、履き心地を絶賛するこのサンダル。試してみたくありませんか?

また、Surf&Tailor MOAT サーフ&テーラーモートではモカシュー、モカローファーなど、レインボーサンダルのモカシンシリーズの取扱もございます。サンダル同様、抜群の履き心地を誇るシューズシリーズです。すでにサンダルを愛用中の方はこちらもチェックしてみて下さい。