POST TITLE

なぜか惹かれる・・・

UNIFORM WORLD

 

 

今日紹介するのは↑というブランド。

 

名前が面白いですね。

 

「ユニフォームワールド」

 

その名の通り、ユニフォーム(ワークウェア)を手掛ける

 

イギリスのブランドです。

 

 

 

 

 

 

よく見ると、

 

MADE IN ENGLAND の文字。

 

おやおや、名前が面白いだけのブランドじゃなさそうだぞ・・・

 

そんな感じになりませんか?

 

私自身、初見でそんな気持ちになりました。

 

 

 

そんなユニフォームワールドの中から

 

今季MOATでセレクトしたのはこちら。

 

 

 

 

 

 

 

1プリーツ(1タック)仕様のワークパンツ。

 

一見とってもシンプルなパンツですね。

 

 

 

 

 

 

素材もコットン30 ポリエステル70

 

現代的なワークウェアによくある素材感です。

 

街履きワークパンツの代表格である

 

ディッキーズの874

 

我々の世代なら一度は履いたことがあるでしょう。

 

あの生地を軽くしたような印象です。

 

そして、プリーツ入り。

 

 

 

 

果たしてこのプリーツに意味があるのか、は

 

あやしいところですが笑 

 

まぁ洒落てるので良しとします!

 

 

さて、その他のディテールですが

 

フロントボタンは同系色のスナップボタン。

 

 

 

 

 

 

大したことじゃありませんが、結構好みです。

 

 

 

 

 

ここが普通のボタンだったりしたら

 

ちょっと違う感じがするもんなぁ。

 

874みたくホックならまだ良いかもなぁ。

 

 

 

でも

 

内側をよく見ると

 

 

 

 

 

 

ウエストバンド内にドローコードが!!

 

こりゃスナップ釦じゃないと、まずいですね。

 

ホックだとひもで縛った時に外れちゃいます。

 

一見ただのワークパンツと見せかけて

 

後ろのゴム+ドローコードにより

 

イージーパンツ風に仕上げられています。

 

ワークパンツとイージーパンツを

 

足して2で割った感じのパンツです。

 

 

 

あと、

 

個人的に一番惹かれたディテールは

 

 

  

 

 

 

大きなフラップの付いたバックポケット。

 

こういうシンプルで無骨な仕様はやっぱカッコ良い・・・

 

なぜだかわかりませんが惹かれてしまいます。

 

生産のコストをかけないために

 

単純な四角いポケットになっているんでしょうけど

 

そこがまた良く見えてしまうのです。

 

ちゃんとスナップ釦も付いてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、右足外側についたツールポケットも良い感じ。

 

 

 

 

 

 

 

もちろんシルエットも良い感じですよ。

 

ゆったりとしたシルエットですが太すぎず。

 

細身のパンツに慣れた方でも違和感なく

 

穿くことが出来るくらいの太さです。

 

 

 

 

↓ONLINE STORE↓

HEADWEAR

Surf&Tailor MOAT

オリジナル5パネル  “CLASSIC STYLE” GRY  SOLD OUT

 

TOPS

SPINNER BAIT

ワイドボーダーカットソー GRY  7800yen

 

BOTTOMS

UNIFORM WORLD

イージーワークチノ BEG  11800yen

 

SANDALS

HTC*BIRKENSTOCK

ARIZONA BLK  37800yen

 

 

 

 

 

ん~、やっぱりバックポケットがカッコ良い。

 

 

 

 

 

 

 

ゆったりとしたシルエットで穿きたかったので

 

私172㎝65kgでMサイズを着用しています。

 

ジャストで穿くならSの方が良いかも知れません。

 

イギリスサイズなので少し大き目です。

 

ゆったりとしたのを穿きたいけど

 

極太はちょっと・・・

 

という方にはこれくらいがちょうど良いのだと思います。

 

チェックしてみて下さい。

 

 

 

最後に

 

Surf&Tailor MOATの

 

インスタグラムはチェックいただいてますか?

 

 

 

 

4/21(土)、4/22(日)

 

Cフリークのあなた、予定を開けておいてくださいね!!

 

詳細はまた後日。

 

今回もなかなかアツイですよ。

 

 

ではでは今日はこのへんで~

 

 

 

KEYWORDS

CATEGORY

TAG

DIARY