2017.11.28

KAPTAIN SUNSHINE のダッフルコート

今年も発売されてます

 

 

このダッフルも格好良いなぁ・・

 

 

 

 

 

 

 

Surf&Tailor MOAT ではダッフルコートといえば

 

インバーティアを毎年おすすめしているわけですが

 

キャプテンサンシャインのダッフルもすごく良いんです。

 

 

同じ「ダッフルコート」ではありますが

 

毛色の全く異なるダッフルコートです。

 

 

キャプテンサンシャインのダッフルは

 

ミリタリーウェアとして使用されていた1940年代までのモノ。

 

インバーティアのダッフルは戦後にファッションとして

 

着られるようになったダッフルコート。

 

インバーティアが洗練されたモダンなダッフルコートなら

 

キャプテンのそれは無骨で男くさいダッフルコート。

 

そんな感じです。

 

 

着用スタイルも異なりますから

 

同じダッフルコートと言っても

 

全くの別物、という認識。

 

だから、どちらも仕入れているわけです。

 

 

 

違いはたくさんありますが

 

わかりやすいのはやはり、 

 

ひも+ウッドトグル でしょうか。

 

ミリタリーダッフルの特徴的なディテールです。

 

 

 

 

 

 

これ以外の釦仕様もあったとのことですが

 

私は見たことはありません・・

 

 

 

対して、レザー+ホーントグルは戦後の

 

50年代以降のディテールです。

 

はじめにレザー+ホーントグルを採用したのは

 

あのグローバーオール社だったようです。

(間違ってたらごめんなさい)

 

グローバーオールのダッフルは

 

MOATでは扱ってませんけど・・

 

 

 

その他にも

 

 

 

 

 

 

フラップなしの腰ポケットや

 

ゆったり目な1ピースアームホールなど

 

無骨に見えるディテールが満載です。

 

その他、詳しいことは店頭でお話ししますので

 

ご興味のある方は店頭で。

 

 

 

 

 

で、このキャプテンのダッフルコート。

 

無骨だとか男くさいとか説明しましたが

 

それだけが特徴なのではありません。

 

その辺のディテールだけなら、それこそ

 

グローバーオールのモンティ※が一番でしょう。

(※ww2のダッフルをモチーフにした人気モデル)

 

 

 

でもキャプテンのダッフルには

 

他のブランドが真似できないものがあるんですよね。

 

それはこの生地使いです

 

 

 

 

 

 

よく見ると、とっても上品な光沢があって

 

高級感たっぷり。

 

それにこのカラーも絶妙です。

 

ダウンジャケット同様、2色展開です。

 

WALNUT(クラシカルなくすんだオレンジ色)

NAVY

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、キャプテンサンシャインのダウンジャケットの記事で

 

ギャップについて書きましたが、

 

このダッフルコートもそんなギャップを感じるアイテム。

 

すごく無骨なダッフルコートなのに、

 

Super100’s のとっても上品なファブリック。

 

SUPER100’sというのは

 

ウールの原毛の質の目安になるもので

 

説明すると長くなるので省略しますが

 

繊細で上質なウールを使用している、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、まぁ色々と書きましたが・・・

 

着て、格好良い!というのが一番のウリです笑

 

着ると、さらに良いんですよ・・

 

 

 

 

 

 

 

どちらのスタイリングも

 

ダッフルコート発祥の国である英国つながりを意識して

 

ガンジーセーター、インバーアランをインナーに。

 

 

 

あぁ、こんなダッフルで海に行きたいなぁ・・・

 

海に着ていった時に

 

ポーイと後部座席に投げ捨てられる気軽さと

 

カジュアルスタイルでも上品に見える生地感。

 

本当にバランスの良いダッフルコートです。

 

インバーティアはちょっと上品すぎるかも、という方は是非。

 

どちらを選ばれても、間違いのないコートですのでご安心を。

 

 

オンラインストアにもアップしましたので

 

チェックよろしくお願いします。

 

来年もキャプテンからダッフルコート、発売されるかなぁ・・・

 

ではでは今日はこのへんで~