2017.10.26

オーダースーツ業界の・・・

海外からの嬉しいお客様!!

 

こんばんは!!

 

本日のブログは

 

「ドレス」、「カジュアル」 二つの顔を持つ

 

Surf & Tailor MOAT

Tailor な部分

 

 

 

本日、とっても嬉しい海外からのお客様が!!

 

 

 

 

 

 

このスーツをビシっと着こなした英国紳士は

 

ジェームス・ダンスフォード氏。

 

 

英国を代表する生地ブランドと言って過言ではない

 

HARIISONS OF EDINBURGH

ハリソンズ・オブ・エジンバラ

 

を有するリアブラウン&ダンスフォード社。

 

そのトップのジェームス・ダンスフォード氏が

 

MOATに来て下さいました。

 

 

オーダースーツ好きの方ならこの赤い表紙にHマークの

 

 

 

 

バンチブック(生地見本帳)を見たことがあるはず。

 

1863年に創設された名門生地商で

 

高品質かつ豊富な服地コレクションにより

 

世界中の多くの名門テーラーで取り扱われており

 

欧州の王侯貴族をはじめとした世界中のVIPから

 

愛されてきた生地ブランド、

 

それがハリソンズ オブ エジンバラ(以下ハリソンズ)です。

 

そのトップですから、

 

当然、なかなかお会いすることはありませんし

 

とても嬉しかったです。

 

 

 

ちなみに、

 

みなさんがピンと来る(はず?)ところだと、

 

映画・華麗なるギャッツビーでレオナルド・ディカプリオも

 

ハリソンズの生地のスーツを着用していますよ

 

↓↓

 

 

 

 

 

 

 

そんな衣装提供の話しもいくつかお聞きしましたが

 

やはりハリウッドの超有名スターにも多く

 

生地を提供をしているとのこと。

 

 

 

先日、私もそのハリソンズの生地で

 

スリーピーススーツをオーダーしました。

 

 

 

 

 

 

ハリソンズのなかでもコストパフォーマンスの高い

 

「フロンティア」という生地を使用しています。

 

この生地が好きなんですよね・・・

 

このフロンティアは真冬の本当に寒い時期以外は一年を通して

 

着用出来る生地なので、これからガンガン使いたい。

 

英国特有のしっかり感もあり、安心感があるんです。

 

イタリアの柔らかいタッチの生地も良いんですけどねぇ・・・

 

とにかく、またお気に入りが1着増えて嬉しい限り。

 

さぁ、明日からも仕事がんばろ。

 

では、今日はこのへんで~