【重要なお知らせ】営業についてのお知らせ

POST TITLE - 2020.11.13

キャプテンサンシャインのダッフルコート

すごいダッフルコートです

 

 

今年のKAPTAIN SUNSHINEのダッフル入荷です。

 

今年もすごいです。

 

展示会で見たときにはびびりました。

 

値段にもクオリティにも笑

 

価格は176000円(税込)

 

当店の冬の定番インバーティアのダッフルの

 

価格を超えてきました笑

 

それでは、どんなダッフルか見ていただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダッフルコートの起源

 

 

さて、ダッフルコートの起源はご存じでしょうか?

 

よく「ダッフルコートはもともと軍モノなんだよ」

 

と言われていますが、厳密に言えば軍モノになる前から

 

このようなコートは存在しており、それが

 

軍モノとして採用されるようになった、

 

と言う方が正解に近いかと思います。

 

 

とはいえ、今のように世界中の誰もが

 

知っているアウターになったはじまりは

 

イギリス海軍のダッフルコートなので

 

もともとは軍モノというのも正解かも知れません。

 

第二次大戦後に放出品として世の中に流通し

 

人気が出たことで、それを生産するメーカーも増え

 

徐々にファッションアイテムとして

 

浸透していきました。

 

さて、そんなダッフルコートですが

 

いろいろなタイプがが存在します。

 

インバーティアのダッフルとは

 

フロントのボタンの仕様や全体的な雰囲気が

 

違いますよね?

 

 

 

↓これはINVERTERE インバーティアのダッフル

 

 

 

 

 

キャプテンサンシャインが手掛けるダッフルコートは

 

所謂「ミリタリーダッフル」

 

ミリタリーウェアとしてのダッフルコートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆとりのある身幅、これぞオーバーコートと

 

思わされる太いアームホール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻ひもとウッドのトグルボタン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾のバタつきを抑えるために付けられた

 

レッグストラップもヴィンテージの

 

ダッフルにに見られる特徴的ディテールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャプテンのダッフルコートの魅力

 

そんな100%ミリタリーウェアとしての

 

ダッフルコートですが、

 

このダッフルコートのどこがそれほどスゴイのか。

 

一番すごいところ、魅力は採用された生地なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

袖のドレープと光沢感をご覧ください。

 

高級感があふれ出ています笑

 

Super160sウールと

 

モンゴル産のカシミアを交織したメルトン。

 

今季MOATで取り扱うアウター類のなかでは

 

間違いなくダントツ1位の原料でしょう。

 

それゆえ、

 

見た目は男くささ全開のミリタリーダッフルでありながら

 

ぬめり感のある独特の柔らかいタッチと

 

抜群の軽さが特徴なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男くさいミリタリー感と

 

最高級の上質感をこれほど

 

バランスよく両立できるセンスがすごい。

 

いつも感動させられますが、

 

やっぱりキャプテンサンシャインはすごいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、もちろんですが、

 

着用しても、最高に格好良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、粗野な質感のダッフルと見せかけて

 

よく見ると、バリバリ高級感がある。

 

光沢感も独特です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでの生地を使ったミリタリーダッフルはたぶん

 

世界中探しても、見つからないのではないでしょうか?

 

男くさいアメカジスタイルが好きな人には

 

ドンピシャなダッフルだと思います。

 

インバーティアのダッフルと

 

キャプテンサンシャインのダッフル、

 

毛色がまったく異なるダッフルですが

 

どちらも間違いなく、最高峰のダッフルコートです。

 

 

キャプテンサンシャイン・ダッフルのオンラインストアはこちら

 

 

 

また、インスタでもスタイリング紹介していこうと

 

思いますので、よろしければチェックしていて

 

くださいね。

 

ではでは今日はこのへんで~

 

 

KEYWORDS

CATEGORY

TAG

DIARY