POST TITLE

MOATの吊り編みスウェット

今年も入荷しました!

 

 

こんにちは。

 

今年も入荷してまいりました。

 

 

『MOATの吊り編みSweat Hoodie』

 

 

手に取ると、なんとなく違いに気が付き

 

着てみると、明らかな違いに気が付きます。

 

それくらい、独特の柔らかさをもつスウェットパーカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何がそんなに違うのか、というと

 

このスウェットは旧式の吊り編み機で

 

編みたてられた生地を使っているからなんです。

 

所謂「ヴィンテージ」と呼ばれる昔のスウェットは

 

すべてこの吊り編み機を使って生産されていました。

 

しかし、その生産効率のわるさから

 

1980年代以降は使われることが少なくなり

 

今では和歌山に残る編み機がかろうじて稼働している

 

そんな吊り編み機。

 

新しい編み機との生産量の違いは

 

15分の1とも20分の1ともいわれる編み機なのですが

 

今でも動いているのにはちゃんとわけがあるんです。

 

それはふんわりとした独特の柔らかさと、風合いの良さ。

 

世界中探しても、稼働しているのは和歌山だけ、

 

とも言われており日本のデニムが世界的な評価を

 

受けているのと同じように今では吊り編みの生地も

 

世界的に評価が高いんです。

 

そんな生地で作られたスウェットパーカがこれ。

 

肉厚な生地、裏面は柔らかな起毛で保温性が高く

 

冬のインナーにもバッチリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縫製はシンプルな2本針。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、

 

写真では伝わりませんが、

 

杢グレーのボディを生成りの綿糸で

 

縫っているところなんかは個人的には

 

かなりグッとくるポイントなのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説明するのが難しいので笑

 

あ、そうなんだ・・くらいにスルーしてください笑

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーは全3色。

 

まだスタイリング写真を撮れていないので

 

準備出来次第、またブログにでも書きたいと思います。

 

取り急ぎ、昨年の写真ですが、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

↓ONLINE STORE↓

MOAT

吊り編みSWEAT HOODIE  NAVY  13800yen

 

 

 

 

 

 

 

↓ONLINE STORE↓

MOAT

吊り編みSWEAT HOODIE  GRAY  13800yen

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ONLINE STORE↓

MOAT

吊り編みSWEAT HOODIE  OFF  13800yen

 

 

 

 

 

172㎝64㎏の私でMサイズを着用しています。

 

オンラインストアにも掲載済みですので

 

よろしければチェックしてみてください。

 

 

 

そうそう、

 

脇に縫い目のない丸編みのためわかりにくいのですが

 

生地には特有のねじれがあり、

 

そのためお腹のポケットは歪みます。

 

そんなところもヴィンテージを彷彿とさせる

 

魅力的なポイントです。

 

あと、これは人それぞれ好みもあるかと思うのですが

 

フート部分は2枚仕立てで、生地が厚めなので

 

 

 

 

 

 

 

 

着用時にフードがペタンコにならないというのも

 

好きな部分のひとつです。

 

 

とまぁ、シンプルイズベスト的なスウェットパーカ。

 

ぜひお試しくださいませ!良いですよ、これ。

 

では、今日はこのへんで!

 

KEYWORDS

CATEGORY

TAG

DIARY