POST TITLE

今季はリラックスフィット

cloveru の今季のボトムス

 

 

こんばんは。

 

Tシャツに続き、

 

クローバルのミッドサマーコレクションから

 

ショーツを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

このタグ、好きだなぁ

 

と感じているのはきっと私だけではないはず・・・

 

 

 

 

 

 

 

今季はストレッチ性、防しわ性に富んだ素材(SOLOTEX)

 

を採用したショーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

穿いてみるとゆったりとしたシルエットと

 

ストレッチ性能が相まって、

 

抜群の履き心地を感じることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエストは1プリーツ仕様の

 

ゆったりとしたシルエットで

 

丈もいつもより少し長めの設定。

 

最近の傾向であるゆったり目のコーディネートに

 

しっかりとハマるようデザインされていますね。

 

丈の短いショーツが苦手な方には

 

安心感のある長さだと思います。

 

 

 

もちろん、身長の高さ、足の長さも人それぞれですから

 

どうしても長さが気になるという方は

 

丈詰めをするという選択もひとつの手段です。

 

その場合にはご相談ください。 

 

 

 

 

ウエスト部分はバックル付きのコードによる調整が可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またポケットスレキにはメッシュ素材が使用されています。

 

 

 

 

 

 

着用時の快適性はもちろんですが

 

個人的には洗濯後の乾燥時間の短縮にも良いかな、と。

 

普段の生活だけでなく、例えば、旅先でのこと。

 

ホテルの室内だと洗濯モノって乾きにくいでしょ?

 

朝起きた時に

 

「まだ乾いてへんやん・・・」

 

というのはあるあるですよね。

 

 

 

 

 

 

 

「旅」がらみでもうひとつ良いところ、

 

小さく折りたたんでカバンに詰め込んでいても

 

現地で少し吊っておくだけでシワがすっきり!!

 

本当によく出来た素材です。

 

街でも旅でも大活躍してくれるでしょう。

 

この履き心地はぜひ一度試してもらいたいもんです。

 

 

 

ということで、着用画像を

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はゆったりとしたトップスを着ることも多いので

 

これくらいのボリュームのショーツも

 

バランス的には良い感じですね。

 

基本的には短いのが好きですが、今年は

 

少しゆとりのあるシルエットも良いかなぁ

 

なんて思ったり・・・

 

そんなこんなで、

 

今年のMOATでのショーツの展開は

 

昨年までよりもシルエットの幅が広いです。

 

・とにかく短いもの

・短くてゆったりしたもの

・細くて長めのもの

・ゆったりとして長めのもの(cloveru)

 

 

いろんなバリエーションがあります。

 

また全部は紹介しきれていませんが・・・

 

 

 

半ズボンに限らず長ズボンにおいても去年あたりから

 

ゆとりのあるものを穿くようになっています。

 

そんななか、細いやつを久しぶりに穿くと

 

これまた新鮮だったりして・・・

 

自分でもよくわからなくなりますが(笑)

 

まぁ、楽しめればそれで良いですもんね。

 

今まで短いやつしか穿いてこなかった人、

 

逆に短いのは穿けなかった人、

 

ぜひ一度色々なショーツにトライしてみて下さい。

 

「穿いてみたら、意外といけるね・・・」

 

なんてことになればそりゃラッキーです。

 

コーディネートの引き出しが増えるというのは

 

素晴らしいことですから!!

 

俺はこれしか着ないんだ!

 

というこだわりも格好良いのですが、

 

たまにはちょっと遊んでみるのもアリだと思いますよ。

 

いろんなショーツ、色んなスタイルを楽しみましょう!!

 

 

 

 

と、少々脱線しましたが・・・

 

続いてはベージュの着用画像です。

 

最近出番の多いヘビーウェイトコレクション

 

Tシャツを合わせています。

 

このTシャツは結構デカイので良いバランスかと。

 

 

 

 

 

 

ショーツサイズはM、Lの2サイズ展開。

 

私172㎝65㎏でMサイズを着用しています。

 

オンラインストアにも掲載済ですので

 

よろしければチェックしてみてくださいね。

 

悩んでいるとなくなってしまうかも・・・

 

ではでは今日はこのへんで~

KEYWORDS

CATEGORY

TAG

DIARY