【重要なお知らせ】営業についてのお知らせ

POST TITLE - 2021.02.17

アンカーブリッジ オーダー会のモデル紹介②

プレーントゥ・ダービー

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

 

2/20(土)~26(金)で開催する

 

ANCHOR BRIDGE アンカーブリッジ

 

レザーシューズのトランクショー(オーダー会)

 

に向けて、

 

開催期間中にオーダーいただけるモデルを

 

紹介していきます、ということは前回もお伝えした通り。

 

もし、前回の記事をご覧になられていない方は

 

こちらから1回目をご覧くださいませ。

 

 

ということで、今回2回目は

 

プレーントゥ・ダービーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

プレーントゥ・ダービー

 

そのまんまなのですが、プレーントゥのダービーです笑

 

『プレーントゥ』はみなさんご存じかも知れませんが

 

その名の通り、つま先に装飾のないプレーンなもの。

 

ダービーというのは↓このようなデザインの

 

外羽根のシューズのこと。

 

 

 

 

 

 

そうそう、

 

外羽根、内羽根、というデザインの違いは

 

ご存じでしょうか?

 

 

外羽根 と 内羽根 の違い

 

 

あたりめぇよ!という方も多いかも知れませんが

 

念の為、説明をさせていただきますね。

 

もし、知らない、と言う方は覚えておいて下さい!

 

 

 

まずはこちらが外羽根です。

 

 

 

 

 

 

これに対して、内羽根というのはこちら

 

 

 

 

ひもを通す部分(羽根)のつくりが

 

異なるのがわかりますか?

 

外羽根の方は羽根の部分が

 

甲の部分に付けられている、そんな見え方ですが

 

内羽根は一体型、そんなふうに見えますよね。

 

部分的に見れば 内羽根>外羽根 といった具合に

 

内羽根の方がフォーマル度が高いデザインになります。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、羽根のデザインだけでなく、

 

その他のデザインや革質なども含めた

 

トータルでフォーマル度・カジュアル度が決まるので

 

内羽根ならフォーマル、外羽根ならカジュアル

 

とは一概に言えない部分もあり、

 

なんならアメリカとイギリスでも

 

捉え方が変わったりもするんです。

 

その点について細かく書くのは大変なので

 

ここでは割愛しますね。

 

ご興味があれば調べてみて下さい。

 

簡単に色々な情報を集められるはずです。

 

 

 

ANCHOR BRIDGE のプレーントゥ・ダービー

 

 

ということで、ようやく本題に戻りますね。

 

プレーントゥ・ダービーについて

 

もし、あなたがアメカジやミリタリー好きなら

 

『サービスシューズ』と言えば

 

イメージしてもらいやすいかと思います。

 

かなり上品なサービスシューズって感じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

基本はドレスシューズだけど、

 

ちょっとミリタリーっぽい男くささもある、

 

そんな印象のシューズ。

 

サービスシューズと言えば

 

『黒』というイメージが強いこともあってか

 

前回のオーダー会ではすべて黒でした。

 

レザーはベーシックなスムースレザーの黒が

 

多かったのですが

 

リバースのブラックも格好良かったので

(リバースについては前回の記事を参照ください)

 

画像を載せておこうと思います。

 

オーダーを検討中の方は

 

よろしければ参考にして下さいね。

 

左がベーシックなスムースレザーの黒で

 

右はリバースの黒。

 

 

 

 

 

 

 

 

通常のスムースレザーで

 

ちょっぴり上品なサービスシューズとして使うのもありだし

 

リバースは履きこむことで無骨な印象が

 

強くなるレザーなので、

 

もうすこし男くささ、ラギッド感が欲しい方には

 

リバースもおすすめですよ。

 

 

いずれにしても、軍パンとの相性は最強だと思うので

 

軍パン好きな方で、革靴をワードローブに追加したい

 

と言う方なら、この靴が良いと思います。

 

 

で、

 

前回の記事のなかでも、

 

私は悩んでいるモデルが2つあると書きましたが

 

そのうちのひとつはサンドベージュの

 

タッセルスリッポン(タッセルローファー)でした。

 

そして、もうひとつが

 

このプレーントゥ・ダービーの黒スウェードなのです。

 

ブラックスウェードのサービスシューズ、

 

格好良いと思いませんか?

 

いや~、絶対に格好良いですよ笑

 

 

 

とまぁ、そんなプレーントゥ・ダービー。

 

価格は69000円~

 

あと、前回の記事(①回目)では

 

詳しく書かなかったのですが

 

価格について少し補足説明をしておきます。

 

ソールの仕様などで

 

有料オプションがありますよ、とだけ書きましたが

 

その部分についてです。

 

ソールの仕様に関しては

 

ダイナイトソール(ゴム底)とレザーソール

 

の2種類からお選びいただきますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レザーソールの場合は有料オプションとして

 

あらかじめ、ゴムを貼っておくことも可能です。

 

 

 

 

 

 

これに関して、メリット、デメリット、

 

そして、考え方などは

 

店頭でしっかり説明させていただきます。

 

書くと、ちょっと長くなりそうですので笑

 

 

とまぁ、こんな感じで

 

アンカーブリッジのモデル紹介2回目

 

『プレーントゥ・ダービー』編を終わりたいと思います。

 

ご興味がある方は

 

2/20(土)~2/26(金)

 

ぜひ、お待ちしております。

 

2/20(土)、21(日)はデザイナーの村橋さん

 

も店頭にいらっしゃいますよ。

 

最後に、オーダーをご希望の方は事前にお電話で

 

ご予約をお願いいたします。

06-6585-7675

 

では!!

 

KEYWORDS

CATEGORY

TAG

DIARY