【重要なお知らせ】緊急事態宣言に伴う営業時間の変更について

POST TITLE - 2019.06.02

Surf&Tailor MOAT の SUMMER HAT

慣れだと思います

 

 

こんばんは。

 

今日はハットを紹介します。

 

少し前からスタイリングなどで使っていたやつです。

 

ハットかぁ・・興味はあるけどなかなか・・・

 

という方にもぜひ試してもらいたい。

 

慣れだと思いますよ~

 

 

MOATらしく

 

ラフなサーフスタイル、夏のスーツスタイル、

 

様々なスタイルにハマるハットに仕上がりました。

 

Tシャツでさらっと被るのも良し、

 

夏のパーティスーツスタイルに取り入れるも良し。

 

 

 

 

 

 

 

これまでキャップやウォッチキャップは

 

オリジナルのものを色々と作ってきましたが

 

カチッとしたハットは初めてです。

 

ハットを作ることになった経緯は諸々あるのですが

 

一番は友人の紹介で、素晴らしい帽子メーカーさんと

 

出会えたことでした。

 

神戸にある帽子メーカーさんなのですが

 

創業が1940年という老舗で、

 

さらに

 

オリンピックの日本選手団の帽子を手掛けていたり、と

 

お話しを伺うとすごいメーカーさんでした。

 

 

 

これは!と思い、

 

うちの帽子を作っていただけませんか?

 

とお願いしてみると、快諾してくださり、

 

オリジナルの帽子を発売出来ることになったのです。

 

まずは帽子について色々と教えてもらうところから始まり

 

工場を見学させてもらい、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じわじわっと時間をかけてようやく完成しました。

 

色々と悩みまくりましたが、なんとか完成。

 

モデルは

 

『STANDARD』と『ATLANTA』という2型です

 

 

 

 

左:ATLANTA  右:STANDARD

 

 

 

今回、オリジナルハットを作るにあたり

 

色々と悩んだことがありますが

 

そのうちのひとつが材料選び。

 

サンプルもいくつか作ってもらったのですが

 

サンプルが出来上がってからもさらに悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

高級な素材を使うと雰囲気はすごく良いのですが

 

価格が高かったり、

 

素材自体がとってもデリケートだったり、

 

 

.

今回は

 

「HAT入門の方にもチャレンジしてもらいたい」

 

というコンセプトもあったので、

 

価格は抑えつつ、良い雰囲気も出る麻を使いました。

 

広義に「麦わら帽」と言われたりしますが

 

実際に麦を使っているものはまぁまぁ高級で(笑)

 

麦わら帽と言われている多くの帽子は

 

その他の素材だったりします。

 

 

 

そうそう、

 

実際にこのようなハットがどのように作られるのか、

 

みなさん、考えたこともないかと思うので

 

製作の工程の一部だけですが、

 

動画を撮らせてもらいましたのでご覧ください。

 

 

↓のきしめんのようなブレードと呼ばれる素材を

 

縫いあげ、帽子のかたちを作っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

あとは木型を使って成型し、仕上げ工程です。

 

ひもが帽子のカタチになっていたんですね。

 

確かに、よく見てみるとわかることですが

 

そんなこと、考えることもありませんものね(笑)

 

 

 

ということで出来上がった2型のハット。

 

 

 

 

左:ATLANTA  右:STANDARD

 

 

見た感じ、カタチが違うのがわかりますよね??

 

 

 

●STANDARD(右)

 

 

 

 

名前の通り、スタンダードなクセのないシェイプで

 

おそらくこのタイプが人気になるだろうなぁ、と。

 

 

 

 

 

 

お好きなハットのフォルムは人それぞれに

 

好みがあるかと思いますが、

 

どちらかと言えばこの『スタンダード』は

 

スッキリとした輪郭の方、丸顔でも小顔な方に

 

特によく似合うフォルムです。

 

 

 

 

 

 

 

●ATLANTA(左)

 

 

 

 

 

『アトランタ』は1996年のアトランタオリンピックで

 

日本選手団が開会式などで着用したハットの

 

オリジナルの木型を使い製作したため

 

この名前が付きました。

 

というのも

 

アトランタオリンピックの

 

日本選手団用の帽子を製作したのが

 

このメーカーさんなのです。

 

その木型を使ってもらい、素材、つばのデザインを

 

アレンジして、生まれたのがこの「アトランタ」です。

 

 

 

 

 

 

高さと幅のあるクラシカルなフォルムで、

 

しっかりとした輪郭の方に似合うカタチです。

 

小顔の方、細いお顔の方が被ると、

 

帽子が大きく見えすぎてしまうかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

では、実際に被ったところを見てみてください。

 

 

 

●STANDARD

 

 

 

 

 

 

↓ONLINE STORE↓

Surf&Tailor MOAT

SUMMER HAT “STANDARD”  21000yen

 

 

 

 

 

●ATLANTA

 

 

 

 

 

 

↓ONLINE STORE↓

Surf&Tailor MOAT

SUMMER HAT “ATLANTA”  21000yen

 

 

 

 

STANDARDの方がスッキリと見えますね。

 

一方、

 

ATLANTAはどんくさい感じがなんとも言えません笑

 

私は顔の大きさ、輪郭的には

 

どちらでも良さそうなのですが

 

個人的にはATLANTAの方が味があって好きかも。

 

お好みで選んでくださいね。

 

 

 

あと、

 

保管方法について聞かれることも多いのですが

 

今回はハット専用のキャリングケースが

 

付属していますので保管方法にも困りません。

 

 

 

 

 

 

マキシンさん(製作いただいているメーカーさん)

 

から提供していただいているケース。

 

なかなかのスグレモノです!

 

 

 

 

※別売りをご希望の場合は3240円です。

 

 

 

ということで、2種類のハットでした。

 

すべて手作業で作られているため

 

店頭にも大量に在庫があるわけではありません。

 

現在も品切れしているサイズがありますが

 

また入荷してまいります。

 

もし、お好みのモデル・サイズが品切れしている場合には

 

入荷連絡のお約束も承りますので

 

お気軽にご連絡くださいね。

 

ではでは今日はこのへんで~

 

KEYWORDS

CATEGORY

TAG

DIARY