【重要なお知らせ】営業についてのお知らせ

POST TITLE - 2021.05.04

MOATオリジナルの長袖サーマル

大満足のサーマルが完成

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

前から作りたかったんです。サーマル。

 

以前はアメリカ製で定番として

 

作っていたサーマルがあったのですが、

 

今はその工場は使えなくなってしまい、

 

少し前から生産がストップしていたんです。

 

日本製とアメリカ製、

 

それぞれに一長一短がありますが、

 

やっぱり

 

『Made in U.S.A.』

 

には圧倒的なパワーがありますよね。

 

この魔法の言葉でやられてしまう人は

 

私以外にもたくさんいらっしゃるはずです笑

 

その一方、日本製はどうでしょう?

 

アメリカを意識したアイテムとなれば、

 

日本製という魅力は半減してしまうわけで・・・

 

※モノによってはやっぱ日本製じゃないと!ってモノももちろんあるんですけど

 

 

 

とまぁ、そんなことで

 

日本で作るからには、

 

生地、仕様、サイズ感などなど

 

ある程度納得のいくものが作りたい・・・

 

という気持ちがあったので、

 

なかなか企画が進みませんでした。

 

逆にアメリカ製で作るとなれば

 

そういった拘りはある程度諦められるんですけど笑

 

 

 

そんな時にね、ポッと出てきたんですよ、良い生地が!

 

決して古いものではないのですが、

 

デッドストックで、量は多からず、少なからず。

 

いちセレクトショップのオリジナルとして生産する量としては

 

ちょうど良いくらいの量でした。ラッキー!

 

 

 

 

 

 

 

思い描いてた通りのウェイトと色合い。

 

色は、生成りと紺。

 

当初はオリジナルのサーマルを作るなら

 

生成りだけ、と思っていたのですが、

 

こんな良い生地が2色出てきた、となれば、

 

そりゃ、使わないわけにはいきません。

 

なんせ、個人的にドンピシャな生地感でしたので。

 

 

 

ということで、日本製で

 

オリジナルのサーマルを作ることになりました。

 

アメリカ製でやるとなれば、

 

日本ではありえないサイズ誤差が発生しますが笑

 

さすがに、日本だとそのリスクはかなり下がるため

 

サイズの微調整がしやすい。

 

なんなら、納得がいくまでサンプルを作れば良いしね。

 

結局、ファーストサンプルが

 

かなり良い出来だったので、

 

サンプルの作成は1回だけで済みました。

 

サンプルから、

 

シルエットとネックの微調整を行い完成。

 

 

 

 

 

 

 

↓ONLINE STORE↓

Surf&Tailor MOAT

Standaed L/S サーマル 9680円(税込)

 

 

 

 

作りたかったイメージは

 

『1枚で着られる普通のサーマル』

 

サーマルって、私的には白Teeと共通するような

 

オーセンティックな位置付けのカットソー

 

だと思っています。

 

さらに、サーマルって

 

これは肌着なの?

 

1枚で着るものなの?

 

隠すものなの?

 

という、なんとも言えないところも好きな点。

 

本来はがっつり肌着なんですけどね。

 

でも、アメカジ的には、

 

ネルシャツとかシャンブレーシャツのなかに着て

 

見せるインナー的な着方もしますよね。

 

何とも不思議な格好良さがあると思うのです。

 

映画スターなら、引き締まった体に

 

ピタッとジャストフィットで着用するような

 

肌着的なサーマルも男のダンディズムよろしく、

 

色気たっぷりで最高に格好良いのですが、

 

作りたかったのは肌着的な薄手のものではなく

 

 

『1枚で普通に着られるサーマル』

 

もともと肌着なので、一枚で着るために

 

作られたモノって少ないんですよね。

 

だから、そもそも厚手の生地が少ないという問題もある。

 

でも、今回見つかった生地はバッチリ!

 

1枚で着られる、しっかりとした生地です。

 

 

 

サイズ感についても

 

今の時代に合わせたビッグシルエットではなく

 

いたって普通のサーマルを目指していました。

 

少し野暮ったさも残るような、

 

そんなシルエットのものが欲しかったんです。

 

個人的に(笑)

 

 

 

 

簡単にディテールも紹介しておきますね。

 

まず、裾はロック仕上げのラウンド。

 

袖リブはきつ過ぎず、ゆる過ぎず、良い塩梅です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネックの仕様は細目のバインダー仕上げ。

 

ここは王道って感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットインスリーブのアームは

 

肘より先をややスリムに仕上げています。

 

これもポイントで、あまりゆったりし過ぎると

 

普通のサーマルではなく、

 

普通のカットソーになってしまうからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アームホールがやや細いくらいの方が

 

ちょっぴり肌着感、というか、

 

サーマル感が出て、

 

野暮ったい雰囲気になってくれると思います。

 

そう、この野暮ったい雰囲気、というのも

 

外せないポイントなんですよね。

 

サーマルなんだから、

 

スタイリッシュじゃなくて良いんです。

 

 

 

と言う感じで仕上がったものを着用すると

 

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルエットは普通でしょ?笑

 

身幅はちょっとだけゆとりがあるかな、という感じ。

 

私はどちらかと言えば、

 

首の詰まったカットソーが好きなので

 

そこもしっかり自分好みに仕上げました。

 

首が詰まったカットソーが好きな方なら

 

きっと納得してくれるんじゃないかな、と。

 

ネックもボディもビロ~んって伸びてくるような

 

ことはまずありません。

 

きっと長く愛用いただけますよ。

 

 

アメカジ好きな方には是非一度

 

試してもらいたいサーマル。

 

まず、どちらか1枚を試していただき、

 

気に入っていただけたなら、もう1色も

 

買い足してもらえたら嬉しいです。

 

オンラインストアはこちらから

 

 

 

 

そうそう、古着好きな方なら

 

このタグのもとネタもおわかりかと思いますが

 

 

 

 

 

 

しばらくはオリジナルのカットソーで

 

アメカジ的なアイテムには

 

このタグを使っていこうかなぁと思っています。

 

このタグも結構お気に入りなんですよね~

 

 

 

ということで、今日はMOATオリジナルの

 

サーマルを紹介させていただいたのですが

 

今季は無地のカットソーが大豊作なんですよね、実は。

 

無地のTシャツ、ロンT、がもう最高です。

 

ですので、今年はプリントモノのTシャツは

 

ほとんどありません。

 

いろんなシルエット、

 

いろんな素材の無地Tたちが

 

スタンバっていますので

 

準備が出来次第どんどん出していきますね。

 

では、今日はこのへんで~

 

 

KEYWORDS

CATEGORY

TAG

DIARY