POST TITLE - 2020.06.19

スペシャルコラボ

ANCHOR BRIDGE × HTC

 

 

 

届いた荷物を開封し、

 

中身の商品を確認した時

 

最上級にテンションが上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MOATで取り扱わせてもらっている

 

ANCHOR BRIDGE アンカーブリッジ

 

 

H.T.C. HOLLYWOOD TRADING COMPANY

 

のスペシャルコラボの

 

ショートジップウォレット。

 

 

 

 

もう最高ですね。格好良いです。

 

ターコイズとブラス(真鍮)スタッズの

 

組み合わせも素晴らしい!!

 

 

 

 

コンパクトなのに大容量だから手放せない

 

 

私自身、MOATをオープンする時から

 

ず~っとアンカーブリッジの

 

ショートジップウォレットです。

 

コンパクトで使い易く、サイズの割に大容量だから

 

何の不満もなく使ってまいりました。

 

強いて問題点をあげるとするなら、

 

不満がないから、

 

新しい財布に買い替えられない、

 

ということくらい笑

 

これは、ショートジップウォレットあるあるなのです。

 

使って下さっているお客様はみんな同じことを

 

おっしゃいます笑

 

ということで、

 

抜群の機能性を持っていることは証明済です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは日常の私の嘘偽りのない(笑)財布の中身です。

 

ついついカードが多くなってしまう私ですが、

 

これくらいの量ならまったく問題なく収納出来る。

 

 

 

 

 

 

テレカは念の為持っていますが

 

5年に1回くらい、出番があります笑

 

あと、写ってませんがナナコカードもあります笑

 

 

 

カードはもうちょっと減らした方が

 

財布にかかる負荷は少ないと思いますけどね・・・汗

 

 

 

この財布、本当に使い易いんです。

 

お札、小銭、カードがたっぷりと収納出来て

 

どんなポケットにもきっちり納まるサイズ感です。

 

 

 

買い替えようかなぁと思いつつ、

 

使い易いし、全然不満もないし

 

なかなかタイミングを見つけられませんでしたが

 

ついにその時が来ました。

 

買い替えられなかったみなさま!

 

このタイミングですよ笑

 

↓でご案内いたしますが

 

下取りキャンペーンもあります笑

 

 

 

 

 

 

アンカーブリッジ×カリフォルニア

 

繊細な仕事と強いこだわりを持つ

 

アンカーブリッジの日本製ウォレットですが

 

そこにカリフォルニアの風が吹き込みました

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でアンカーブリッジにって裁断されたレザーが

 

アメリカに渡り、カリフォルニアで

 

HTCによるスタッズワークが施され、

 

再び日本に帰国。

 

最後は日本で縫製・組み立てられて完成する、

 

というものすごく手間のかかったスペシャルコラボです。

 

表記上は「日本製」となるのですが、

 

実質は日本製×アメリカ製のハイブリッド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純正のアンカーブリッジのウォレットにも、

 

純正のHTCのウォレットにも出せない

 

独特の雰囲気があります

 

両者の良い部分を兼ね備えた

 

本当に素晴らしいウォレットに仕上がりました。

 

レザーカラーは全4色。

 

順番に説明させていただきますね

 

 

 

 

 

マニアックなホーウィンレザー

 

まずはこの2色から。

 

この2色は同じレザーの色違いということで

 

まとめて説明させていただきます。

 

 

 

●HORWEEN EMBOSS LEATHER  BLACK

 

 

 

 

 

 

 

●HORWEEN EMBOSS LEATHER  BROWN

 

 

 

 

 

 

この型押しレザーは

 

アメリカを代表するタンナー・ホーウィン社のもの。

 

しかしこのレザーはレザーグッズ好きな方でも

 

あまり見かけることがないのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラス(真鍮)スタッズ、ターコイズとの相性を考えて、

 

本来アンカーブリッジの財布には使用されていない

 

ワイルドな質感のレザーを採用しました。

 

ブラススタッズとも、ターコイズとも、

 

最高にフィットしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

内側の仕切り革には同じくホーウィン社の

 

ホースレザーを使用しています。

 

ワイルドな見た目ながら

 

上品で高級感があり、

 

どこかのブランド物と言われても

 

納得してしまいそうな、そんな雰囲気があります笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンツマン・レザー

 

 

続いては見た目に特徴のあるこんなレザー

 

 

●HORWEEN HUNTSMAN LEATHER BROWN

 

 

 

 

 

 

この特徴的なアジのあるレザーも

 

さきほどと同じくアメリカ・ホーウィン社のもの。

 

ハンツマン(HUNTSMAN)と呼ばれるこのレザーは

 

その名の通り、狩猟や魚釣りといった

 

ハンターブーツ向けのレザーとして生まれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今でも過酷な環境下にも耐えうるブーツなどに

 

使用されています。

 

このレザーは通常は

 

処理が施された床面(スウェード面)を表側として

 

使用するケースがほとんどなのですが、

 

今回はあえてそれを裏使いにし、

 

ワイルドな質感を持つ銀面を活かすことにしました。

 

そのおかげで、

 

個体差のかなり強いアジのある仕上がりになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い込むことで面白いくらいに

 

経年変化していくことでしょう。

 

あなただけのウォレットを育て上げて下さい!

 

 

スタッズワークがレザーのワイルドさを

 

惹き立てていますね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このモデルは内側の仕切り革にも

 

同じ革を採用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一のイタリアンレザー、プエブロ

 

 

●PUEBLO LEATHER (VACHETTA LEATHER)

 

 

 

 

 

今回の4種類のうち、3種はアメリカのレザーです。

 

なんとなくアメリカのを使いたい

 

という理由で、当初は

 

4種類ともアメリカのレザーを使おう

 

と計画していたのですが

 

革選びを悩んでいるうちに、

 

どうせなら1種類くらいは少し毛色の違うものを

 

使うのもアリだよなぁ、と考えるようになり

 

これを選びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

表面が特徴的なこのレザーは

 

イタリアの名門バダラッシ・カルロ社の

 

プエブロレザー。

 

人気のあるレザーですので、

 

レザーグッズ好きの方なら

 

ご存じの方も多いでしょう。

 

さらに詳しい方なら、

 

「でも、これはなんか違うぞ」

 

と思われる方がいらっしゃるでしょう。

 

このプエブロは

 

「ばたふり」という加工により

 

素材本来のナチュラルなシボ感が生まれ、

 

柔らかさをより活かしたものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構マニアックで他では見かけることが少ない

 

レザーだと思います。

 

ワイルドさではなく

 

質感、手の馴染みやすさ、経年変化を考慮して

 

このレザーを選びました。

 

始めはサラサラとしたマットな質感ですが

 

使いこんでいくと光沢が増し、

 

手によく馴染む独特の変化を見せてくれます。

 

経年変化を楽しみたい人には

 

こいつが一番おすすめのレザーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ、こんな4種類です。

 

気合が入り過ぎて久しぶりに

 

ブログを書くのにかなりの時間が

 

かかってしまっております笑

 

本当に自分自身がめちゃくちゃ嬉しくて・・

 

 

 

 

ブランド財布はもう要らない

 

私自身も若い頃はブランドモノの財布を

 

使っていたこともありますが、

 

もう、

 

ブランド物の財布で見栄を張るような気分でも

 

そういう時代でもないですよね。

 

高い財布を使っても中身を持ってないし笑

 

それよりは

 

「センスの良い財布使ってるね」

 

と思われる方が嬉しいし

 

純粋に自分が本当に格好良いと思える財布を使いたい。

 

さらに手によく馴染み、

 

使い易ければなお良いなと思います。

 

ブランド物・高価格の安心感ではなく

 

「本物」の安心感を身に着けたい、という方に

 

おすすめしたい財布です。

 

洋服屋なんかでお会計の際にこれをパッと出した時、

 

「どこの財布ですか??」

 

ってなりますよ、きっと。

 

洋服好きのお友達なんかにも、

 

何それ!?って聞かれるかも知れませんね。

 

 

 

 

 

気になる価格は!?

 

価格は29000円(税別)です。

 

輸送コストや手間、製作費を考えても、

 

今回は限界まで価格を抑えました。

 

HTC好きの方なら、え!?安い!

 

と思われるかも知れませんね。

 

第二弾が実現するかどうかはわかりませんが

 

もし、実現したとしても

 

もう少し高い設定になるかと思います。

 

 

財布って、毎日使うものだし、

 

1日に何回も手に取るものだから

 

少々値が張っても、満足感あるんですよね。

 

 

 

それに、

 

手に取る度に、なんか気分が良い笑

 

 

服好きな方なら共感して下さると思うのですが

 

好きな洋服を着る時、好きな靴を履くとき、って

 

テンション上がるじゃないですか。

 

財布だって、そうですよね。

 

財布を手に取る時、

 

この地味にテンションが上がる感じを

 

毎日感じられるなら、そりゃ最高です!

 

この価格が高いか!安いか! 笑

 

 

 

 

いかがでしょう?

 

ちょっと欲しくなっているあなた、

 

どのカラーを選びますか?

 

ちなみに、私は

 

ハンツマンレザーのものを買いましたよ。

 

この写真のいちばん手前の荒々しいやつをゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、明日から使います。

 

というのも

 

明日6月20日は

 

『天赦日』てんしゃにち といって

 

日本の暦の上で最上の吉日とされているらしいのです。

 

この天赦日は1年に5~6回あるらしいのですが

 

新しい何かをスタートさせるのに良い日らしく

 

財布の買い替えにも良いのだとか。

 

さらに!!

 

明日6月20日は

 

「一粒万倍日」いちりゅうまんばいにち

 

にもあたるようで、

 

この一粒万倍日もまた縁起のよい吉日らしく

 

新しい物事をスタートするには

 

もってこいの日なんだとか。

 

一粒万倍とは、たった一粒の籾が

 

万倍にも実り素晴らしい稲穂に

 

なることを表しているとのことらしいです。

 

なんかすごそうでしょ!?笑

 

このふたつが重なるのは

 

2020年には2回あるらしいですよ。

 

 

あまりそういったことは気にしない、

 

と言うかあまり興味がないのですが笑

 

どうせなら、縁起のわるい日より

 

良い日を選びたいですもんね~

 

ということで、明日から使うことに決めました。

 

 

 

 

ここでしか買えない本当の限定モデル。

 

アンカーブリッジが好きな方、

 

HTCが好きな方、

 

カリフォルニアが好きな方、

 

ぜひご検討くださいませ。

 

 

オンラインストアはこちらから

 

 

 

 

最後に、↑でもちらっと書きましたが

 

店頭限定ですが、

 

アンカーブリッジのショートジップウォレット

 

下取りキャンペーンを行います。

 

ANCHOR BRIDGE ×HTC

 

の財布を購入下さる方限定で

 

現在お手持ちのショートジップウォレットを

 

2900円(税込)で買い取りさせていただきます。

 

つまり、消費税分が安くなりますよ、という。

 

・店頭購入限定

・ショートジップウォレット限定

 

ですが買い替えた後も手元に残しておきたい

 

という気持ちじゃない方はぜひご利用くださいませ。

 

下取りするメリットはありませんが笑

 

エイジングサンプルにでも使えれば良いかなと思います。

 

では、今日はこのへんで!!

 

オンラインストアはこちらから

 

 

 

 

KEYWORDS

CATEGORY

TAG

DIARY